Loading...

京都の一歩を、うつくしく。

花街を彩る舞妓たちの、歩き姿をもっと華やかに。

そんな願いを叶えるために、
伝統と革新が融合した
ぽっくり下駄型デジタルデバイス
HANAMACHI POKKURI 。

舞妓たちが歩くたび、光の花が花街に咲く。
まったく新しい京都の風景が、訪れる人々を魅了します。

歩くたび、花街に光の花が咲く。

京都には祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つの花街があり、これを総称して五花街といいます。

その花街ごとに花模様が変化。歩いている舞妓さんを探したくなる仕掛けをプラスしています。

透明なぽっくりから360度広がる花模様

アクリルでつくった透明なぽっくりの内部にプロジェクターを設置し、映像をミラーで反射させ球体ミラーで360°に拡大投影。センサーによって踏み込みを察知しタイミングよく花模様を投影しています。